勤務形態や休日の条件を決める

そもそも工場勤務の形態や休みはどうなってるの?

工場では24時間フル稼働で生産し続けているケースが少なくないため、生産ラインでは常に人員を配置しておく必要があります。しかし実際には同一の人員が労働基準法を超えて働き続けることはできないので、24時間を等分して交代制で勤務する形態が主流となっています。これがいわゆるシフト制と呼ばれる勤務形態です。

朝から夕方まで働く通常の日勤に加え、午後から夜間までの夜勤、さらに深夜を経て早朝まで働く深夜勤など、このように区分されたシフト制が一般的。休日も土日出勤が当然になる一方で、平日が休みになることも珍しくありません。もちろん工場の業種や企業規模等によっては、これ以外の働き方も見られます。例えばシフトを4つや5つに区分したり、昼勤専属と夜勤専属の人員に分けた固定型のシフト制を導入する、あるいは繁忙期のみ土日の出勤体制になるなど、それぞれの事情に合わせた勤務形態や休日の条件を設定しています。

工場の求人で勤務形態や休日を重視すべき理由とは?

シフト制の勤務形態では生活リズムが乱れやすかったり、プライベートな時間や休日のスケジュールが調整しにくい等、人によってはデメリットに感じることがあるのも事実です。とはいえ、希望した工場がシフト制だからといって、そこで諦めてしまうのは早すぎます。サイクルの規則性がしっかりしたシフト制であれば、体が慣れやすく、生活リズムが乱れることも少なく済むはず。同時にプライベートな時間や休日のスケジュール調整も、上手に工夫できるようになるでしょう。

そもそも工場の求人探しで勤務形態や休日を重視するならば、自分の生活スタイルや仕事への価値観に見合った、働きやすい職場を選ぶことが重要です。例えば体力に自信がなかったり、生活リズムの乱れで健康状態が心配ならば、固定型のシフト制で働ける工場を選ぶのもよいでしょう。あるいは休日を重視するなら、たとえ平日がシフト制であっても、土日にしっかり休める工場を見つけるべきです。

大阪の住み込みの派遣の仕事は、特別な能力や経験を必ずしも求められないことや、就職後すぐに寮生活を始められるといった特徴があります。